給食日誌

飯を食わぬば戦は出来ぬ

梅雨の陣

この季節、非常に苦手。

嫌いな順 ... 梅雨 ▷ 夏 ▷ 冬 ▷ 秋 ▷ 春

雨は降らずに湿気で蒸し蒸し。早くカラッとした気候になってくれと願う。

 

 

ぼやき。

時間が足りない。 で溜まってゆく。面と向かって言われると堪えるなあ。

所詮他人事。黒い感情が渦巻く。

真っ黒クロ安さん登場。

 

人生後悔してもいいじゃない。良い日も悪い日も前を向いて歩くしかないのだ。最近ナイーブで一言一句に久々カチンと来た。

 

専門職として反省。知識量の不足。新しいこと情報を知りたい。基本を復習したい。

ガッツは有るけど体力が無い。 本当に働きながら勉強とは大変だ。

 

振り出し

世の中何をするにもお金がかかることを忘れてた。

ということでサイコロ振り出しに戻る。

判断するのは役職者だし、学校の要望次第で返答も変わってくるかな。私は現結果が府に落ちないのも有り、結果を突き詰めることが正しいか疑問視?

とりあえず依頼した正式見積書が届くのを気長に待とう。

 

 

相手がうまく動けないのは自分のせいだと改めて気づかされた。朝は激おこだったけど熱も冷めて、自己嫌悪。←イマココ。

内容が分からなくても作業が出来る流れを整えるのも仕事なんだよって尊敬する先輩から言われて責任者失格だ。何ひとつ汲み取ってやれなかった私。

着替えて配膳室に入ると、先生怒ってる 😓

話題のS栄養士 

噂は予々聞いてきたので大方見当つくけど

まんまでした。うちの学校も大きく関わっていることで、好き勝手に言われっぱなし。

 

色々な所で繋がっている。世間は狭い。

 

話のオチとしては、栄養士の地位が下がる

曰く 昔の栄養士さんは 味より栄養。

給食不味くなったとか献立がおかずにならないとかチラホラ聞いている。

食べてこその栄養。食べてもらうためには美味しい食事を提供するのも栄養士の仕事と思うのだけど〜。味や嗜好に偏ることも出来ないけど。

火花の散り合い

無駄に強気。給食会。客相手に喧嘩腰で挑めるものだ。

吹っかけてきたのは向こう。(笑)

 

先輩が慰めてくれたので少々増し。

今までもそう、給食会と関わり良い思いをした事はない。ややこしい。問い合わせをたらい回しした挙句、イライラして電話切られて。当然教委に回答できず怒られたの紛れもなく。

 

 

これだけは言わせて。

電話をかけたのはお前らであり、学校から頼まれた商品を期日に納品出来ないのが悪い。説明端折って分かっている前提で話すなボケ。 

掴む

管理栄養士国家試験 💮 合格いたしました。

少ない時間で勉強に集中出来たのは周囲の協力があり、成果を残すことが出来ました。東京アカデミーありがとうございました。

一番に報告はもちろん黒田さん。

保健所にて免許申請も終了。後は厚労省 塩崎大臣から届くのをお待ちしております。

 

 

資格を取得してからが始まり。この先何を目指そうか。頑なに否定し続けてきたが、必要とされることはありがたいなと思う。まだ踏み出す勇気がなくて。長い目で見据えて、次の階段へ。

四年もすると大変。わかる人は分かってくれる(笑)先生も子供達も大好きだよ。私の想いはただ一つ。

 

諸事情により給食提供時間が早まり、書類溜まり、定刻までに捌けない自分。

各自の持分有るから頼もうにも頼めない。流石に焦って一通り持ち帰るけどしない。😎 楽しくもあり、追われ追われ準備に始まり準備に終わる。つまり、元気にしてるけど中身はヘトヘト。